ETERNITY DESIGN BLOG

Tetris3D

WCAN mini ActionScript Vol.11でお話しさせて頂いた時のものをとりあえずアップしておきます。

I : ブロックを奥へ移動(Z+)
M : ブロック手前へ移動(Z-)
L : ブロックを右へ移動(X+)
J : ブロックを左へ移動(X-)

十字キー : 全体を回転

コツはIMLJキーのちょい押しで落下位置を調整しつつ、落下したら完全にCubeが停止する前に地面に散らかってるCubeを落下してきたCubeで整頓するという感じです。

現状、最下段(1列目)の5×5のみ消去判定しています。
1マス40ピクセルの範囲内にCubeの中心点が入っていればとりあえず収まっていると判定しているのである程度はばらばらでも5個並んでいれば消えます。

勉強会ではjiglibflashに関してまとめるつもりがないのでメモった方がいいかもとかいいながら、お話しのかなりはじめの方で話す順番を間違えてしまい、少々焦ってグダグダになった感じなので、その穴埋めにでもBlogに”まとめる”とまではいかなくても、エントリ残すつもりです。しました。

解説編はこちら。

ABOUT ME

名古屋を中心に、フリーランスでホームページ制作してます。 デザイン・サイト制作・WordPress案件・Flash制作、JavaScript(jQuery)と幅広く対応可能です。 案件のご依頼・ご相談はCONTACTよりご連絡ください。

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS