ETERNITY DESIGN BLOG

Papervision3D 2.0 Effects

Papervision3D 2.0 Effectsのお話。
GreatWhiteにはできないと思われるPrimitiveなオブジェクト(というかDisplayObject3Dと MaterialObject3D)に直接フィルタ効果を適用できるバージョンってことでいいんだろうか。
GreatWhiteと異なる部分だけ解説。
(エフェクトかけるところ以外は完全に同じですが)
まずは、エフェクトの設定

effectLayer = new EffectLayer();
effectLayer.addEffect(new LayerEffect(new DropShadowFilter(distance, angle, color, dsAlpha, blurX, blurY, 1, quality)));

Filterの複数指定はaddEffectを指定すればよいだけ。
Viewport3Dにエフェクトレイヤーの適用

viewport.addRenderLayer(effectLayer);

各オブジェクトにエフェクトの適用

p.renderLayer = effectLayer;

詳しくはココ。
しかし、この方法、TweenerによるFilterのTweenができないんじゃないだろうか。
1.x系だとAS標準的なやり方でFilterの設定ができるのでTweenerで問題なさそうだけど。
なぜGreatWhiteとEffectsと分かれてるのかとか、1.7Betaがすでに2月から修正加えられていなかったり、Flash Player 10の登場でPV3Dもいろいろと変更が出てくるだろうし、どうなるんだろうか。
Flash Player 9対応の2.0だけはちゃんとリリースしてほしいところです。
あ、alphaもお願いします。
なんか方法ないかなぁ・・・

ABOUT ME

名古屋を中心に、フリーランスでホームページ制作してます。 デザイン・サイト制作・WordPress案件・Flash制作、JavaScript(jQuery)と幅広く対応可能です。 案件のご依頼・ご相談はCONTACTよりご連絡ください。

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS