ETERNITY DESIGN BLOG

[Progression 4]SceneLoader

今まで使う機会がなかったのでスルーしていたSceneLoaderクラス

基本的には他のProgressionのSWFを読み込んでそのままシーンの遷移が使えるというものですが、なんかわかりやすい解説が見つからなかったし、いくつか注意点もあるのでまとめてみる。

ProgressionによるFlashコンテンツ開発ガイドブックにもサンプルとなるコードはありますが、少し違う形で説明します。

CONTINUE READING

TextAnimイメージ

TextAnim

すでにwonderflでも使用できるのでご存じの方も多いかと思います、TextAnimライブラリ

テキストフィールドの文字を1文字ずつ(またはワード単位、行単位)、モーションさせるときに便利なライブラリです。1文字ずつモーションさせるのは自分で実装するには地味に面倒なんですが、それを簡単にしてくれます。
ただ、ちょっと癖が強いライブラリな感じなので少し注意点などをまとめてみました。

CONTINUE READING

[Progression4]CastPreloaderとPreloadSWF

久しぶりにエントリーしようと思ってアップして確認したら普通に動作したという、もうほんとどうしてなのかわからないけど、一応置いておく。

Beta1.3をあまり触れなかったのでRC1でCastPreloaderで他のSWFの読み込みと本体の管理がしやすくなるというPreloadSWFクラス試してみたら、Flash IDE上でのテストで本体以外のSWF読み込み中にPlayerが固まるという症状が出ていました。
traceなんかも読み込み完了後に一気に出力される感じ。

まー、結局アップしてブラウザで確認したら正常に動作したのですが、とりあえず、サンプル置いておきます。

[Progression 4] TweenListとTweenerのトランジション

下記内容は、Progression 4.0.1 Public Beta 1.3で修正されました。

年末年始でサイトの微修正をしていたのですが、ずっと何かひっかかるものがあったTweenListに関してです。
TweenListは、過去にエントリーしており、実はPORTFOLIOで利用しているのですが、どうも自分のイメージしたものと違うと感じていました。
そこで、ちょいと調べてみました。

CONTINUE READING

[ Progression 4 ] TweenList

WCAN mini AS vol.13でも紹介した “TweenList” です。

もうクラス名どおりな感じですが、登録したコマンドを指定したトランジションでtweenするかのように順に実行していってくれるクラスです。

TweenList(duration:Number, easing:Function = null, initObject:Object = null, … commands)

ASDocによると上記とのことで、パラメータを説明しますと、
durationが実行時間です。
Tweenerでいうtimeと同じと思われます。

次に、easing。
これがTweenerでいうtransitionですね。
TweenerのtransitionをStringで指定することが多いと思いますが、あれは、FunctionでもOKだったりして、Stringで指定されている場合はTweenerがFunctionに変換しています。
で、そのFunctionがEquationsクラスにstaticで指定されていますので、ProgressionにはTweenerがもれなくついておりますので、このクラスを利用してしまいましょう。

TweenListに追加したコマンドは終了待ち(executeComplete)をせずに、指定したdurationとeasingで割り出された間隔でどんどん実行されていきます。

こちらで追記しています。

ABOUT ME

名古屋を中心に、フリーランスでホームページ制作してます。 デザイン・サイト制作・WordPress案件・Flash制作、JavaScript(jQuery)と幅広く対応可能です。 案件のご依頼・ご相談はCONTACTよりご連絡ください。

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS