ETERNITY DESIGN BLOG

FlashとThickBox

FlashからThickBoxを呼び出す方法。
以下、AS3の場合

// いろいろと省略してますよ。
package {
    import flash.external.ExternalInterface;

    public class viewThickBoxBtn extends MovieClip {
        public function viewThickBoxBtn() {
            addEventListener(MouseEvent.CLICK, clickBtnEvent);
        }

        private function clickBtnEvent(e:Event) {
            ExternalInterface.call("tb_show", thickBoxTitle, thickBoxUrl);
        }
    }
}

とExternalInterface.callでtb_showを指定します。
引数にタイトル、URL(画像やらHTMLや)と指定します。
URLの部分はHTMLでThickBox用のリンクを記述するときと同じものです。
tb_showには3つ目の引数もあるのですが、
こいつはたぶん、画像のグループ化です。
でも、SWFObjectなどを使って裏でHTMLのコードでThickBox用のリンクを記述しておかないと
動作しないんじゃないかなと思います。たぶん。試してないけど。
グループ化以外は普通にASに記述するだけで使えます。
また、Flashの上にHTMLレイヤーが置かれることになるのでwmodeの指定をしないとだめかと思われます。
wmodeを利用することの弊害も考える必要があるかと思います。
久しぶりにそれなりの内容のエントリでした。

ABOUT ME

名古屋を中心に、フリーランスでホームページ制作してます。 デザイン・サイト制作・WordPress案件・Flash制作、JavaScript(jQuery)と幅広く対応可能です。 案件のご依頼・ご相談はCONTACTよりご連絡ください。

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS