ETERNITY DESIGN BLOG

HTML5と文章(コンテンツ)構造

技術系の記事でも何でもないエントリー。

それもここ最近感じたとかでもなく、HTML5でマークアップするようになってからか、もしくはもっと前からかもしれない。
ずっと思ってることだけども、吐き出す場所もないので、ここでアウトプット。
せっかくなので祝HTML5正式勧告!と絡めて。
(とはいえ、正式版ちゃんと追いかけられていない気がする・・・)

HTML5のタグは、装飾のためではありません。
文章(コンテンツ)において、その要素がどのような意味を持つかというものを定義するものです。
(まだ、この辺勘違いしている人がいるようなのが悲しい)
よって、掲載内容をご用意頂いたものを、自分なりに理解しながらマークアップを進めます。
だから、「本当にこのマークアップでいいのか」とか迷うし、マークアップ後に「ちょっと違ったなぁ」と思うこともあり、難しい面もあります。

HTML5の各タグの仕様なんかを考えたときに、文章(コンテンツ)の読み手に少しでもわかりやすくなるようにという意図を感じる部分も個人的にはあったりします。
(仕様書にこういうことが書いてあるかどうかは知らないし、正直あまりどうでもいい)
セクショニングと見出しの関係なんかはわかりやすい例だと思っています。

ですが、用意される文章はなかなかストレートにはいかないもので、とにかく主張したいもの全部掲載!とか、突然始まる本文、いきなり出てくる見出し的な何か、何に対してかわからない注釈的なもの、となかなかのカオスっぷりだったりします。

もちろん、自分で簡単かつ小さい変更の範囲でヘッダーを設定したりなどはするわけですが、限界がある。
本当に文章(コンテンツ)を伝える気があるのかと。

サイトを制作・公開するというのには、いろいろな立場な人たちが関わるわけですが、全員がもっとこの辺りを意識できればいいコンテンツができるではないかと感じつつ、作業を進める毎日。

ABOUT ME

名古屋を中心に、フリーランスでホームページ制作してます。 デザイン・サイト制作・WordPress案件・Flash制作、JavaScript(jQuery)と幅広く対応可能です。 案件のご依頼・ご相談はCONTACTよりご連絡ください。

CATEGORIES

ARCHIVES

TAGS